地域活動について疑問や問題点をつぶやきます

町内会の活動で毎日をすごしていますが、自身の無知、疑問などが何と多いことか!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

委嘱役員の選出

横浜市が各町内に委嘱役員を置きたいのでその人選をするようにと町内会長に依頼が来る。
今年の3月で2年の任期が終わるそれは以下
スポーツ推進委員
環境事業推進委員
家庭防災委員連絡員
明るい選挙の推進委員
健康活動推進委員
他に
青少年指導委員
民生委員、があるが任期がづれているので其の人選は来年以降だ!
町会長はこれらに相応しい人をウオッチしていなければいけないし、依頼しても、即答で受けてくれる方はまずいない。頭を下げてお願いする事になるが辛い!
町会長は誰が推薦するのか、「頭を下げてお願い」された事はない。
変な話であると思いませんか?
スポンサーサイト
  1. 2014/11/28(金) 22:02:09|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

救急キッド

自宅で一人でいて、急に体調が悪くなり、救急車を呼んだ際、誰だれにこの事実を伝えて欲しい、普段に飲んでいる薬はなんと何、などについて救急隊員に話すことが出来ない!そういう情報を書いてこのキッドに入れておき、このキッドを冷蔵庫に入れておく。消防隊員は呼ばれた家に着いたら冷蔵庫を必ず開けてその情報を見て適切な処置をするというもの。横浜市はこのキッドを無料で市民に配布した。
大変良いことです、

がこれをあと2年で打ち切るというのは何なのか、疑問が残ります!
  1. 2014/11/26(水) 10:53:38|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

老人会に入会すると

老人会を立ち上げろと行政から補助が出る事はご存知ですか?又町内会からも補助金を出しているところも多いですね!加入のお誘いをしても未だ若いからとか、老け込んでしまうからと断る方が多いが、その方々は、このような制度を知らない事や若さは、お元気なご老人から戴ける事を実感していないからです。
因みに、老人会費は1200円/年で倍以上の見返りがあるのはこれまで社会貢献されたご老人にとって当然だと思っています。
  1. 2014/11/23(日) 11:18:37|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

防犯灯のLED化

町の防犯灯は東電の電柱とNTTの電柱、更には町内会で設置した鋼管ポールに取り付けられている。今回の横浜市のLEDへの交換工事の対象について鋼管ポール分については、入っておらず町内で8箇所ぐらいは取り残されてしまうが1箇所だけ鋼管ポールを撤去し防犯灯を近くの電柱に付け替える事が承認された。元々行政によるインフラが未完だった為に町内会で補完したのに、これらを後回しにする事に合点がいかない!
  1. 2014/11/21(金) 23:08:21|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

ゴミ出しのマナー

ゴミだしの日に決められたゴミを出す事は住民が知らなければいけないマナーというかカルールだが、時々知っててそうするのか、知らなくてするのか良くわからない。
先日、大きめなホットプレートが出されていた。
大きさが適合せず粗大ゴミに出すよう張り紙がされてゴミ置場にそのまま置かれていたのが先週末でしたが、今日もそのままで出した人が家に持ち帰らない!
持ち帰る様を見られるのが恥ずかしいのか、其れとも捨てた方がとぼけてしまうつもりなのかよくわからない!
ゴミ出しのマナーはそれなりに守って欲しいものだ。
ゴミに関して町内会長が仕切るのは難しいし触れないのが実情だ。
  1. 2014/11/20(木) 23:18:56|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

子供広場の維持管理について

ここは、Mさんの自宅の土地の一部で横浜市が子供広場と認めているものです。
広さは約500坪あり町内会で使わせてもらっている。
維持管理は町内会のミッションでありそれをするために町内の有志を募り「緑の会」を発足して5年になる。
メンバーは約30名、毎回全員の出席はないが皆さん緑を愛するよき仲間だ。
維持管理をしながら絆が深まり大変良い事だと思っている。
草刈機や釜や箒、終了後の報酬に対する軽食や水やお茶など、年間予算は町内会として20万当てている。
行政からの補助は3万4千円ある
  1. 2014/11/16(日) 22:48:53|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

まだある町内会への補助金

先日書いた町内会への補助金に加えて以下の補助金が未だある
防災組織活動費として1世帯当たり160円の補助金が出る。
わが町は500世帯であるから8万円もらっています。
横浜市全体の世帯数は163万だから2億6千万円。

また広報誌の各個への配布については
月刊誌(県と市のたより)が2部17円ですから102000円
議会だよりは4円で年に4回配布だから500部の4ヶ月で8000円、計11万円になる。
1世帯当たり年間220円かかっている
横浜市全体では3.58億円になる

先日書いた町内会の補助金が11.4億でそれに2.6億と3.58億を加えると17.58億の支出が
横浜市では町内会関連としてあることになる。
1世帯当たりに年間1080円横浜市は支払っていることになる。
それが高いか安いかは何とも判断しがたいが知っておいて欲しい事実です。
  1. 2014/11/14(金) 22:56:35|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

町内会へ行政からの補助金

町内会に加入すると1世帯当たり700円の補助金が行政から支給される。
N町町内会は33万の補助金を受けている。
因みに、横浜市の人口は371万人で世帯数は163万世帯です。
したがって11億4千万円(700円×163万)が税金から市民に戻されている計算になる。
町内会は行政のお手伝いを最近している傾向が強いようだが致し方ないようにも思える。
仮に町内会がなかったら市民税は今よりあがるだろう
町内会運営は有意義に真摯に実施していかなければとと常々思っている。
地域の絆を深めるためのイベントも重要な行事の一つになります





  1. 2014/11/11(火) 18:19:40|
  2. 町内会の運営
  3. | コメント:0

消火器の廃棄について

消火器の購入や薬剤の取替え、古くなった物の廃棄など取り扱っている業者の案内がこの時期になると毎年送られてくる。
町内会の回覧板に添付して回覧している。
購入はホームセンターなどで安く買えるが、消火器の廃棄は何故横浜市でしないのか
地域の特定業者だけがそれを出来る仕組みはおかしいし解せない!



住宅火災に多い「てんぷら油火災」や「ストーブ火災」、また家具や寝具などの「普通火災」に加え、「電気火災」などの火災にも適応しています。


調べると消火器は家電リサイクル法で指定されたものでした
以下家電リサイクル法です
家庭から排出される廃棄物は基本的には各市町村が収集し、処理を行ってきました。粗大ゴミの中には大型で重く、また非常に固い部品が含まれているために粗大ゴミ処理施設での処理が困難なものが多くあります。家電製品はこれに該当するものが多く、有用な資源が多くあるにもかかわらず、リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にあります。そこで廃棄物の減量、資源の有効利用の観点から、廃棄物のリサイクル推進の新たな仕組みを構築するために制定された法律が特定家庭用機器再商品化法(以下家電リサイクル法)です。
  1. 2014/11/10(月) 12:02:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

防犯灯がLEDになったから

街の防犯灯は94灯あり、1灯あたりの補助金は2200円だからトータルで206800円の補助を頂いていることになっている。

これら防犯灯の電気代は354000円、修理代が160000円かかるため308000円は町内会費から支出されている。

防犯灯関連に30万何がしは町内会としては大きな金額だ

本年度横浜市は防犯灯の全てをLEDに交換し電気代も修理代も横浜市で負担するということになり

来年度からは308000円の出費がなくなるのはありがたい。

1世帯当たり650円ほど町会費を下げることが可能になった。

下げないで防犯カメラなどの設置も考えてみたい。

  1. 2014/11/08(土) 20:13:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。